デザインツールで
使用できる画像

デザインツールでは、テキストを書いたり、イラストを挿入できる他、お手持ちの写真やデザインされた画像をアップロードすることができます。
ここでは、デザインツールに画像をアップロードをする際の注意点を説明します。

アップロードできる画像ファイルタイプ(形式)

アップロードする画像データは、以下のファイルタイプ(形式)にて作成してください。(.ps形式は非対応)

  • .ai
  • .psd
  • .pdf
  • .png
  • .jpg
  • .gif
  • .bmp
  • .eps

画像の解像度

推奨解像度200dpi

画像は、ドット(点)が集まって表示されています。
画像ファイルの解像度とは、1インチ(≒2.54cm)あたりのドットの密度を数値化したもののことで「dpi」(dots per inch)という単位で表現されます。

例えば72dpiというのは1インチあたり72個のドットで構成されていて、200dpiは200個のドットで構成されています。
簡単にいうと、数値が高い方が密度が高く、画像の精度が高いということになります。

解像度が高いと、プリント密度も上がり、小さな文字や写真のディテールも表現することができます。

解像度の違い

オリジナルプリント.jpでは、アップロードされた画像をそのまま商品へプリントします。
200dpiに満たない低解像度の画像でもアップロードは可能ですが、その場合プリントしたいサイズの3~5倍の大きさのものをアップロードしてください。
それによって、プリント実寸の密度を高めることができ、仕上がりの品質も高まります。

仕上がり品質を保証するものではありません。

低解像度や画像サイズが小さいデータをそのままアップロードした場合、仕上がりがギザギザしたり、ぼやけたり、粗くなってしまいます。

仕上がりの際の画像の粗さによる返品・交換は承れませんので、予めご了承ください。

もともと小さいサイズの画像を大きく引き伸ばしてアップロードしても、プリント実寸密度は変わらず、仕上がり品質も高まりません。

ページの先頭へ