パッド印刷

ボールペン等の硬質素材で加工範囲も小さいノベルティに最適な、1色名入れプリントです。

パッド印刷とは

ノベルティの名入れに最適!安価にできる1色プリント

特殊な樹脂でできた板にデザインを露光して作成した凹版を使用してインクをシリコンパッドに付着させ、そのインクをアイテムに転写する方法で、プリント代の他に、版代が別途かかりますがUV硬化インクジェットやシルクスクリーンプリントに比べて費用が安く済むため、ノベルティなどの作成には最適です。

  • 選べるインク
    選べるインク
    人気の高い色をご用意。その他の色もご相談ください!
  • 幅広い素材
    幅広い素材
    プラスチックやPE素材・金属・ガラス等の様々な素材OK!
  • 水濡れOK
    水濡れOK
    濡れても滲んだり色落ちすることがありません!

基本指定色(ロットによっては下記以外の色もご相談ください)

  • ブラック

  • レッド

  • ホワイト

入稿データ作成上のご注意

1mm以下のデザインや複雑な模様はご注意

1mm以下の幅のオブジェクト(線や文字含む)は、つぶれや擦れが生じる可能性があります。
またオブジェクトとオブジェクトの間の隙間も1mm以上必要になります。
複雑なデザインや細かいデザインの場合、加工を承れないか、もしくは追加作業費を頂戴することがあります。

ぼかし効果やグラデーションは不可

少しでもデータ部分のある部分は不透明度100%で印刷されるためぼかしやグラデーションを疑似的に表現されたい場合は網点でのデザインを作成していただく必要があります。

プリントしたくない背景画像は丁寧に除去を

画像編集ソフトで自動選択ツールで背景画像を選択して除去する場合、背景の選択が充分ではなく背景画像データが残ってしまうことがあります。 また綺麗に除去したつもりでもアンチエイリアスがかかっていて半透明部分が残ることがあります。
僅かでも濃度が0%ではないデータ(ほぼ透明だったとしても)があると、製版機が反応して版が作成され、仕上がりがご希望通りではない結果になる可能性がありますので、背景は丁寧に細かく除去してください。

不要なデータは必ず削除を

ご入稿データに(本当はプリントしたくない)データが残っていた場合でも、当該データの要不要を判断できないため、ご入稿データのままプリントしてしまいますので、不要なデータは必ず削除してください。

線オブジェクトもアウトライン化を

完全データで入稿される場合、フォントやオブジェクトのアウトライン化は必須ですが、線オブジェクトについても仕上がり差異防止を目的に「パスのアウトライン化」をお願いしています。線のままだと線幅や線先形状を正しく判断できない場合があります。

  • 上記掲載の色見本と実物では色合いが若干異なります。
  • 1色でのプリントになります。現在多色プリントには対応しておりません。
  • アイテムの素材によっては使用している間に剥がれてくる場合があります。

色の表現について

デザインデータの色について、PCやスマホのモニターでは色域の広いRGBで表現しますが、実際のプリントは色域の狭いCMYKで表現します。そのため、RGB色域の鮮やかな色はCMYKでの近似色に置換されることになります。 またRGBで作る色は光の掛け合わせですがCMYKで作る色は実際のインクの掛け合わせになりますので、ご希望の色よりも発色度合や色彩度・明暗度等が異なってプリントされることがあります。また生地の種類によっても仕上がりカラーに差異が生じます。

オリジナルプリント.jpでは、色の表現精度向上のため様々な取り組みを進めておりますが、色の忠実な表現について、ご希望にお応えできない場合があることを予めご容赦ください。

ページの先頭へ