シルクスクリーンプリント

最も一般的なプリント方法で、色数が少なく大ロットのご注文の場合に最適なプリント方法です。

シルクスクリーンプリントとは

単色デザインで30枚以上なら絶対オススメ!特色指定も思いのまま!

最大3色として、1色ごとに版を作成してインクで刷るプリント方法で、プリント代の他に、版代が別途かかりますが堅牢度が高く洗濯にも強いのも特徴で、また同じ大きさ・デザインであれば、アイテムに関係なく一度作成した版は、何度でもご利用いただけます。

  • 最大3色対応
    最大3色対応
    最大3色まで色指定でき30枚以上なら特色指定も!
  • 版は1年有効
    版は1年有効
    直近のご注文から1年以内なら版代なしで再注文可!
  • 生地色自由
    生地色自由
    ホワイトからブラックまでどんな生地色でも使えます!
  • 化学繊維OK
    化学繊維OK
    インクジェット不可のポリエステルでも使用可能!

基本指定色(30枚以上のご注文なら特色含む色指定可)

  • ブラック
    DIC581B

  • グレー
    DIC546

  • パープル
    DIC257

  • ピンク
    DIC047

  • レッド
    DIC197

  • オレンジ
    DIC161

  • イエロー
    DIC125

  • フォレスト
    DIC380

  • グリーン
    DIC638

  • ネイビー
    ブルー
    DIC435

  • ロイヤル
    ブルー
    DIC220

  • サックス
    DIC181

  • ホワイト
    DIC583

  • ゴールド
    メタリック
    DIC620

  • シルバー
    メタリック
    DIC621

入稿データ作成上のご注意

1mm以下のデザインや複雑な模様はご注意

1mm以下の幅のオブジェクト(線や文字含む)は、つぶれや擦れが生じる可能性があります。
またオブジェクトとオブジェクトの間の隙間も1mm以上必要になります。
複雑なデザインや細かいデザインの場合、加工を承れないか、もしくは追加作業費を頂戴することがあります。

ぼかし効果やグラデーションは不可

少しでもデータ部分のある部分は不透明度100%で印刷されるためぼかしやグラデーションを疑似的に表現されたい場合は網点でのデザインを作成していただく必要があります。

プリントしたくない背景画像は丁寧に除去を

画像編集ソフトで自動選択ツールで背景画像を選択して除去する場合、背景の選択が充分ではなく背景画像データが残ってしまうことがあります。 また綺麗に除去したつもりでもアンチエイリアスがかかっていて半透明部分が残ることがあります。
僅かでも濃度が0%ではないデータ(ほぼ透明だったとしても)があると、製版機が反応して版が作成され、仕上がりがご希望通りではない結果になる可能性がありますので、背景は丁寧に細かく除去してください。

不要なデータは必ず削除を

ご入稿データに(本当はプリントしたくない)データが残っていた場合でも、当該データの要不要を判断できないため、ご入稿データのままプリントしてしまいますので、不要なデータは必ず削除してください。

線オブジェクトもアウトライン化を

完全データで入稿される場合、フォントやオブジェクトのアウトライン化は必須ですが、線オブジェクトについても仕上がり差異防止を目的に「パスのアウトライン化」をお願いしています。線のままだと線幅や線先形状を正しく判断できない場合があります。

完全データのレイヤーは慎重に

完全データで入稿される場合、Adobe Illustrator等で色ごとにレイヤーを分けていただきますが、そのレイヤーの順番にご注意ください。
下層レイヤーから上層レイヤーまでその順番で色を塗り重ねていきます。
なお、レイヤー同士でデザインが重なっていると、仕上がりに凹凸やお互いのインク色の影響が生じることがあります。

30点以上のご注文で色指定可

30点以上でご注文いただいた場合、基本色に加えてDICやPANTONEによる色指定をしていただけます。
30点以下の場合に色指定されたい場合は、調色(色作り)のためプリント代に追加で税込1,080円頂戴しております。(DICの伝統色や4桁の色指定はできません)
なお蛍光色の場合は、決済時の金額とは別に、1枚1箇所あたりプラス@100円を頂戴しております。
ご請求金額の変更については、ご注文サポートセンターより改めて連絡させていただきます。(ご注文時には加算されておりません)

  • 上記掲載の色見本と実物では色合いが若干異なります。
  • 乾いたインクには伸縮性がありません。生地を引っ張ったり、きつく折り曲げたりすると印刷のヒビ割れ、ハガレの原因となります。
  • ポリエステル系の生地では、日が経過するとプリント面に生地の色が出てしまう逆昇華現象が発生する場合があります。
  • ドライクリーニングはできません。ドライクリーニングが必要な場合は他のプリント方法をご選択ください。
  • 中綿の入ったジャンパーや、裏生地の厚いジャンパー等へのプリントはできない場合があります。
  • 加工特性上、同じデザインで入稿いただいた場合でも、温度や湿度、加工機の個体差により仕上がり色に違いが出る場合があります。

版の再利用について

版の保存期間は1年間

ご注文で作成された版はご注文日から1年間保存しており、次に同一版を使ってプリントされるとさらに1年間延長します。
ただし同一デザインだった場合でも、アイテムが異なりインクや版の仕様(メッシュ等)を変えなければならないときは新版の作成費用を頂くことがあります。

インクの色替え

一度のご注文内において、同一版を使いながら異なるアイテムや異なるボディカラーで複数種プリントしたい場合、ご注文システム上ご面倒をおかけしますが、ご注文後に以下の内容を「お問い合わせフォーム」より改めてご連絡ください。

【1】ご注文番号 
【2】色を替えたいアイテム名やサイズ 
【3】変更後のインクカラー名

なお、その際インクの色替え手数料を1回1色につき税込1,080円頂戴します。
これは版についたインクを一度洗い流し別インクを乗せ換える作業にかかる費用になりますので、前回ご注文時に色替えを行なった場合でも、再注文時も複数種のインクを使うときは、この色替え手数料を頂戴します。

マイページからの再注文による版再利用

「マイページ」にログイン後、過去のご注文履歴から再注文を行なっていただくと、版が自動的に再利用され版代が値引されます。
ただし、再注文時にデザインツールでインク色変更やプリント箇所変更などを行なうと別の版が必要とシステム上判断されることがありますので、その場合は、お手数ですがご注文後に版再利用の旨を「お問い合わせフォーム」より改めてご連絡ください。版に変更がないと判断できた時点で、ご請求金額の調整をいたします。

【1】今回のご注文番号 
【2】前回の版番号かご注文番号 
【3】今回の使用インクカラー名

別アイテムへの版再利用

版のみをサイト上で呼び出すことができないため、ご希望のアイテムでまずは新規にご注文頂くことになります。
お手数ですが、ご注文後に版再利用の旨を「お問い合わせフォーム」より改めてご連絡ください。版に変更がないと判断できた時点で、ご請求金額の調整をいたします。
※別カテゴリへの版再利用はインクや版仕様が異なるためできません。新規で版を作成することになります。
※同カテゴリでもデザインのサイズやプリント位置、インクや版の仕様(メッシュ等)が異なる場合は再利用ができないことがあります。

【1】今回のご注文番号 
【2】前回の版番号かご注文番号 
【3】今回の使用インクカラー名

ご請求金額の調整

インクの色替えや既存版の再利用等でご請求金額に変更が生じた場合、ご注文サポートセンターより変更後の金額について改めて連絡させていただきます。 マイページでの金額変更反映に日にちを頂く場合がございます。予めご容赦ください。

追加分のお支払方法や版代調整によるご返金方法につきましては、都度ご案内いたします。
出来る限り速やかな返金対応を心がけておりますが、各金融機関の状況等により遅れる場合がありますのであらかじめご容赦ください。

上記お問い合わせがない場合は、諸所対応できない場合がございますので、ご容赦ください。

色の表現について

デザインデータの色について、PCやスマホのモニターでは色域の広いRGBで表現しますが、実際のプリントは色域の狭いCMYKで表現します。そのため、RGB色域の鮮やかな色はCMYKでの近似色に置換されることになります。 またRGBで作る色は光の掛け合わせですがCMYKで作る色は実際のインクの掛け合わせになりますので、ご希望の色よりも発色度合や色彩度・明暗度等が異なってプリントされることがあります。また生地の種類によっても仕上がりカラーに差異が生じます。

オリジナルプリント.jpでは、色の表現精度向上のため様々な取り組みを進めておりますが、色の忠実な表現について、ご希望にお応えできない場合があることを予めご容赦ください。

ページの先頭へ