箔プリント

ご希望のデザインに沿って切り抜いた箔シートを生地に熱圧着させるプリント方法です。

箔プリントとは

存在感のある光沢!特別感を持たせるなら箔プリント!

独自に開発した専用の転写紙を使って、プリントされた部分のみを生地に熱プレスし、その上から箔シートを圧着していきます。
ゴールドとシルバーからご選択いただいたシートを圧着するので、版代もかからず、1点から安価に仕上げることができます。
生地になじんだ風合いに仕上がります。色落ちもほとんどなく、生地の伸びによる割れにも強く、耐洗濯性も高いのも特徴です。

  • 版代不要
    版代不要
    ダイレクトプリントで製版しないので版代も不要!
  • 生地色自由
    生地色自由
    ホワイトからブラックまでどんな生地色でも使えます!
  • 化学繊維OK
    化学繊維OK
    インクジェット不可のポリエステルでも使用可能!
  • 2色から選択
    2色から選択
    ゴールド・シルバーのお好きな方をお選びいただけます。

シート色見本

  • ゴールド

  • シルバー

入稿データ作成上のご注意

1mm以下のデザインや複雑な模様はご注意

1mm以下の幅のオブジェクト(線や文字含む)は、つぶれや擦れの発生や、圧着時に欠損する可能性があります。
またオブジェクトとオブジェクトの間の隙間も1mm以上必要になります。
細いフォントなどは特にご注意ください。

ぼかし効果やグラデーションは原則不可

すでに色のついている箔シートを使用するためぼかしやグラデーションは表現できません。

プリントしたくない背景画像は丁寧に除去を

画像編集ソフトで自動選択ツールで背景画像を選択して除去する場合、背景の選択が充分ではなく背景画像データが残ってしまうことがあります。また綺麗に除去したつもりでもアンチエイリアスがかかっていて半透明部分が残ることがあります。
僅かでも濃度が0%ではないデータ(ほぼ透明だったとしても)があると、加工機が反応してしまい、仕上がりがご希望通りではない結果になる可能性がありますので、背景は丁寧に細かく除去してください。

不要なデータは必ず削除を

ご入稿データに(本当はプリントしたくない)データが残っていた場合でも、当該データの要不要を判断できないため、ご入稿データのままプリントしてしまいます。不要なデータは必ず削除してください。

完全データ入稿はAIファイルかPDFファイルで

完全データで入稿する場合、加工特性上カッティング用のパスが必要なため、Adobe Illustratorにて作成されたAIファイルか、パス編集ができるPDFファイルに限定させていただきます。
パスデータの作成が難しい場合は、有料にて承ることが可能です。ご注文前にカスタマーサポートセンターまでご相談ください。
(その際、画像データを使用する場合は必ず200dpi以上のものを入稿してください。)

線オブジェクトもアウトライン化を

完全データで入稿される場合、フォントやオブジェクトのアウトライン化は必須ですが、線オブジェクトについても仕上がり差異防止を目的に「パスのアウトライン化」をお願いしています。線のままだと線幅や線先形状を正しく判断できない場合があります。

  • 完全データ入稿規定と入稿フローはこちらをご覧ください。
  • ゴールド・シルバーの2色の箔シートからお選びいただきます。
  • 1色でのプリントになります。現在多色プリントには対応しておりません。
  • プレス圧が均一に届かない凹凸のある素材、縫い目など段差のある部分にはプリントできません。

仕上がりについて

熱プレスによる圧着プリントというプリント方法特性上、お届けしたアイテムの形状によってはプレス跡が残ることがあります。このプレス跡は、大抵の場合一度の洗濯で解消されますので、ご到着後一度洗濯していただくことをお願いしております。(一度の洗濯で解消されない場合でも徐々に軽減します)また、アパレルアイテムは折り畳んでお届けしておりますが、配送時に前後の生地が貼りついてしまうことが稀に生じます。この場合は申し訳ございませんが丁寧に剥がしてください。プリント品質には問題ございません。
なお誠に恐縮ながら、プレス跡の表出や無理な生地剥がし等による返品・交換につきましてはご遠慮ください。
万が一、通常の日常使用であったにも関わらず箔シートが剥がれてしまった場合はご注文サポートセンターまでご連絡ください。ご使用状況や剥がれ状況を確認し弊社による加工ミスであると判断できる場合は(ご使用後であった場合でも)ご返品のうえ再作成・再納品させていただきます。

ページの先頭へ