• トップ>
  • ホワイトインクジェットプリントについて

ホワイトインクジェットプリントについて

  • ホワイトインクジェットプリントサンプル01
  • ホワイトインクジェットプリントサンプル02
  • ホワイトインクジェットプリントサンプル03
  • ホワイトインクジェットプリントサンプル05
  • ホワイトインクジェットプリントサンプル06
  • ホワイトインクジェットプリントサンプル07
  • ホワイトインクジェットプリントサンプル08

クリックして拡大

今まで濃色生地用のプリントは抜染プリントという方式で生地の色を漂白しその上からカラー印刷を行う方式でプリントしてきました。
そのため、真っ白の印刷はできなかった事や、色を抜いた上にカラー印刷を行うため鮮やかな色の表現や細かいデザインの印刷ができませんでした。

技術進化によるホワイトインク対応により、印刷可能な色やデザインが格段に増え、黒Tシャツなどの濃色生地Tシャツへのフルカラープリントが簡単にできるようになりました。インクの目詰まりもなく、印刷後の風合いも高いクオリティで仕上がります。洗濯堅牢度テストも4級を取得できましたので全く問題ありません。

ホワイトインクジェットプリントのメリット

(1) 版代が不要なため、1枚からでも格安で提供できます。
(2) 色数は何色使っても値段は変わりません。
(3) 納期が短い場合などには最適です。

ホワイトインクジェットプリントのデメリット

(1) 金色や銀色、蛍光色のプリントはできません。
(2) 画像中で半透過処理された部分のデザインは再現性が低いです。
半透過の部分に加工機が反応しホワイトインクを敷くため色の再現性に問題が発生します。
(3)1mm以下の細い線、細かい文字や複雑なフォントは、濃色の素材にプリントした時に潰れたりかすれて見えなくなってしまう可能性があります。
※下で紹介している「細い書体や細かいデザイン」も併せてご覧ください。

免責事項

・加工特性上、同じデザインで入稿頂いた場合でも、温度や湿度、マシンの個体差により色味に違いが出る場合があります
・完成イメージと実際の商品とでは色の表現方式が違うため、ディスプレイイメージと実際の商品では色味が異なります
・実際にプリントを行う前に加工位置へ下処理剤を塗布し、製品の繊維を平らにするためにプレス乾燥を行います。この時のプレス跡が残る場合がございます。
・湿度の高い場所に長期間未開封のまま保管した場合や配送時の状況(雨の日や室温の高い時)によっては下処理剤が浮き出てくる可能性がございます。

※プレス跡や下地のシミは洗濯すると落ちますので、着用前に一度洗濯してのご利用をおすすめいたします。

色見本

カラーチャート

画像データを実際にプリントすると画面上で見える色合いとは変わってきます。
デザインの際は下のカラーチャートを参考にしてください。


ディスプレイ上で見える色味 GILDANヘビーウェイトTシャツのブラックに実際にプリントして撮影したもの
色見本の元データ(RGB) 矢印 GILDANヘビーウェイトTシャツにホワイトインクジェット印刷した色見本

印刷の注意

細い書体や細かいデザイン

白インクの下地の上にカラーインクを吹き付ける際、わずかですがズレが生じます。そのため、デザインの輪郭に下引きの白インクが露出することあります。極細線を使ったフォントやデザインの場合は目立ちやすい傾向にあります。

グラデーションのデザイン

デザインの外側にあるボカシやグラデーションや解像度が低いデザインの場合も、下引きの白インクが白フチのようにプリントされることがあります。

Photoshopなどの画像編集ソフトでの画像透過処理の際の注意

画像編集ソフトで、自動選択ツールで背景を選択して消去という手順での透過処理は、背景の選択が充分ではなく消去残しが発生する可能性があります。
ホワイトインクジェット加工では、少しでも消去残し(半透明に残った背景でも)があると、プリンターが反応して白いインクを印刷してしまいます。その場合仕上がりがとても汚くなりますので、背景は残さず丁寧に消去してください。