UV硬化インクジェットプリントについての加工方法の説明
商品は全て税込価格 税込合計6480円以上で送料無料 クレジットカード決済 銀行振込 代金引換 月締後払

UV硬化インクジェットプリントについて

UV硬化インクジェットプリントとは

UV光(紫外線)に触れると硬化する樹脂を混ぜたインクを用いるプリント方法です。対象物にインクを吹付けてUV光を照射すると瞬時にインクが硬化して定着するため、従来のインクジェットプリントでは対応できなかったiPhoneケースボールペン等のプラスチック素材へのプリントが可能になりました。

UV硬化インクジェットプリントのメリット

・硬化したプリント部分は強固な樹脂皮膜を形成するので耐久性抜群です。
・フルカラー(金・銀・蛍光色は不可)でプリントできます。
・版が不要なので少数のご注文に対応できます。

UV硬化インクジェットプリントのデメリット

・プリント面の凹凸の高低差が多い素材では凹みにインクが届かず白残りがでる場合があります。
・吹きつけたインク粒を硬化して定着させるためざらつきのある手触りになります。

免責事項

・白版のプリントをする加工方法(キーホルダーや缶ケースなど)では白版とデザイン版とで1mm以下の若干のズレが生じることがあります。
・キーホルダーなど納品時に個装している商品で、台紙やOPP袋等に貼り付いていた場合はゆっくりと剥がしてください。
 なお、商品に台紙が残ってしまった際は、水に濡らして拭いて頂くとプリント面に影響なく台紙のみが剝がれます。

色見本

画像データを実際にプリントすると画面上で見える色合いとは変わってきます。
デザインの際は下のカラーチャートを参考にしてください。


ディスプレイ上で見える色味 iPhone 6 手帳型ケースに実際にプリントして撮影したもの
色見本の元データ(RGB) 矢印 iPhone 6 手帳型ケースにUV印刷した色見本