昇華プリントについての加工方法の説明
商品は全て税込価格 税込合計6480円以上で送料無料 クレジットカード決済 銀行振込 代金引換 月締後払

昇華プリントについて

  • 昇華プリントサンプル01 ポリエステル生地
  • 昇華プリントサンプル02 マイクロファイバータオル生地
  • 昇華プリントサンプル03
  • 昇華プリントサンプル04
  • 昇華プリントサンプル05
  • 昇華プリントサンプル06
  • 昇華プリントサンプル07

クリックして拡大

転写紙などに昇華インクを印刷し、190度~210度ほどの高温の熱をかける事で、インクが気化し色を浸透させる独特な加工方法です。
生地に浸透させるため表面には印刷した違和感が全く残らず、風合いがやわらかく、気化した粒子が細かいため写真やCGなどが特にきれいに印刷できるのが特徴です。マグカップにプリントする場合、ポリエステルの層(レシーバー)がマグカップに塗布してあります。
昇華の印刷品質は、昇華インクの種類と転写紙の質、転写する機械によって変わります。昇華インクは多くのメーカーが販売していますが、インクによって昇華温度も異なり、昇華率も変わり、転写紙も昇華率の高い紙と低い紙では仕上がりは全く異なります。
≪必ずお読みください≫
お客様からいただいたデータをそのままプリントしております。色味はご使用のモニターや環境によって見え方も多少変わりますので、製品とお客様のイメージしている色味とは多少異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。

昇華プリントのメリット

(1) 生地に色が浸透するためプリントの違和感がありません。
(2) どの加工方法よりも写真画像、グラデーションなどの表現は美しくできます。
(3) インクのはがれや色落ちなどがありません。
(4) 伸縮に強く通気性があるためひび割れする事はありません。
(5) 版代が不要なため、1点からでも格安で提供できます。

昇華プリントのデメリット

(1) 素材が白のポリエステルに限定され、綿製品にはプリントできません。
(2) 紫外線に比較的弱く長時間の紫外線照射により色あせしやすくなります。

色見本表(デザインデータを作成する際に、ご参考にしてください。)

RGBの色見本データを、実際にTシャツ、マグカップにプリントしました。同じデータでも、アイテム・加工方法が異なると仕上がりに差があります。(まったく同じ色には仕上がりません。)

ディスプレイ上で見える色味

実際にマグカップにプリントして撮影したもの