IM転写について

  • ロゴのIM転写プリント例
    デザイン通りにシートが中抜きされます。
  • 写真のIM転写プリント例
    写真と文字の混ざったデータも綺麗にプリント。
  • イラストのIM転写プリント例
    細線やドットが多い手描きイラストもこの通り

加工方法について

透明シートの上にCMYKインクジェット印刷を行い、その上に白シートと糊シートを重ねます。
それをTシャツなど生地に置き、熱プレスをかけることで印刷部分が生地に転写されます。
IM転写の仕組み

IM転写のメリット

(1) データにカットパスをつける必要がない。
(2) 転写プリント特有の光沢感がなく、生地に馴染んだ仕上がり。
(3) 版代が不要。何色使っても印刷代は変わらず、グラデーションや写真を使ったデザインでも対応可能。
(4) 色落ちはほとんどなく耐洗濯性も抜群。

様々なタイプのデザインもそれぞれ美しく印刷!

IM転写のデメリット

(1) プレス時の熱が均一に届かない凹凸のある素材、縫い目など段差のある部分には不向き。
(2) 不透明度100%のデータしかプリントできない。半透明、半透過が混じっているとその部分はプリントされない。
(3) 印刷部分には必ず白引きが入るため、ぼかしデザインには不向き。
(4) 黄色トナーで生地が染まるため、薄地生地の場合は裏からそこが黄色く見える。
ロゴのIM転写プリント例
黄色トナーで染まったシャツの生地

カラーチャート

加工方法の特性上、入稿データとの色味差異が起こります。
とくにブラックは若干明るい発色となる傾向があります。その他の色につきましては下記カラーチャートをご覧ください。
IM転写カラーチャート

デザインデータ作成の注意点

(1) 印刷させたいものは全て不透明度100%にしてください。半透明部分はプリントされません。
(2) ぼかし効果は使わないでください。白背景がつくので想定外の仕上がりとなる原因になります。
(3) 1mm以下の細線はかすれる場合があります。
(4) 低解像度画像を引き伸ばして使用しないでください。輪郭等がぼやけて半透明になると、その部分が印刷されなくなります。

【半透明の部分を含んだデータの印刷例】
グレーの部分が半透明だったためにプリントされなかった例です。

半透明の部分を含んだデータの印刷

  • 写真のIM転写プリント例
    ぼやけたデザイン輪郭線に入った白引きの例
  • 低解像度の画像を引き伸ばして使用した例
    低解像度の画像を引き伸ばした結果、プリントできない半透明部分が生じて虫食い状態になった例