手描きしたデザインをオリジナルプリント用に加工!簡単3ステップ

手描きしたデザインをオリジナルプリント用に加工!簡単3ステップ

デザインを撮って、作りたいアイテムのプリント範囲に合わせてキャンバスを作ろう!

上手にデザインするためのポイント

  • ・手描きの線は1㎜以上の太いもので描こう!
  • ・デザインはなるべく大きく描くのがおすすめ。小さいとぼやけてしまう可能性あり!
  • ・色付きで描いても、線画にするときにはモノクロになってしまうので注意。
  • ・あらかじめ作りたいアイテムのページでプリント範囲を確認しておくとスムーズ!
  • ・プリント範囲の「㎝」を「㎜」に直し、解像度は「200dpi」でキャンバスを作成。(例 30×40㎝→300×400㎜に変更)

※キャンバスサイズが合っていないままデータを作ると、デザインツールにデータを入れる時に印刷が粗くなるアラートが出てきてしまうので要注意!

※アパレル以外のアイテムでは解像度が違う場合があるので、アイテムページで確認してね。

撮った画像で線画を作ろう!

上手にデザインするためのポイント

  • ・位置合わせのときにキャンバスに合わせてデザインを大きくしよう!
  • ・デザインがぼやけてしまったときは、大きく描き直してね。
  • ・デザインの背景は白く調節!影や余分な線が入らないよう注意。
  • ・色を付ける時はここでアプリの機能を使って色塗りを。

→出来上がった線画は、背景を透過にして「透過PNG保存(キャンバス)」で保存してね!

保存したデザインで注文しよう!

オリジナルプリント.jpでデザインツールを開いて保存したデータを読み込んで、位置を調整。大きくしてしまうと粗くなるアラートがでるので注意。プレビュー画面でも確認しながら、ベストな位置にデザインを当てはめよう!

デザインも位置も大きさもOK!となったら、「ご注文数を確認する」に進んで実際に注文すれば完了!あなたがデザインした世界で1つのTシャツが手元に届いちゃいます!