日本代表ユニフォームは正規品を買おう!

2014ワールドカップ日本代表・本田のユニフォーム

日本代表やJリーグの海外チームとの親善試合を見たことのあるひとは知っていると思うけれど、
スタジアムの外でユニフォームがよく売られています。

値段も2〜3,000円くらいでつい買いそうになっちゃいますよね?
知っての通り、それらはニセモノです!

正規品のユニフォームを買わないとめぐりめぐって、日本代表やチームの弱体化につながりかねません。
アディダスのようなスポンサーにお金がはいらないと、
結局はチームにお金がはいらず、強化費なんかが削られる一因になっちゃうから。

だから、チームのことを考えているサポーターは、かならず正規品を買いましょうね!

2014ワールドカップ日本代表・本田のユニフォーム

2014ワールドカップ日本代表・本田のユニフォーム

正規品のレプリカユニフォームは、胸のエンブレムがちゃんとしたワッペンになっていて、
しっかりと縫いつけてあります。

2014ワールドカップ日本代表の国旗とエンブレム

2014ワールドカップ日本代表の国旗とエンブレム

ココも大事!
ニセモノはちゃんとしたタグがついてません。

2014日本代表ユニフォームのタグ

2014日本代表ユニフォームのタグ

今回新しく加わった、放射線状のマークは立体的なハニカム構造っぽくなってます。
ニセモノはこの部分は印刷になっているはず。

2014ワールドカップ日本代表ユニフォームの放射線状のラインのアップ

放射線状のラインのアップです

QRコードもチェックポイントでしょう。

2014ワールドカップ日本代表ユニフォームのタグ。QRコード付き

正規品であることを示すタグです。

正規品は細かいところも手を抜きません!

2014ワールドカップ日本代表ユニフォームの袖口

袖口は補強されています

ネオンピンクのラインのおかげであまり目立たないけれど、
その下の白いラインはメッシュ構造になっています。

2014日本代表ユニフォームの背中の白いライン

背中の白いラインはメッシュになっています

襟元のサイズ表記は印刷されています。
この部分にタグがついていると意外と不快ですからね。

2014ワールドカップ日本代表ユニフォームのクライマクールのロゴとサイズ表記

クライマクールのロゴとサイズ表記

そして最後!
背中のネームにブラックライトをあてるとJFAのエンブレムが浮かび上がるのです。
ブラックライトを持ち歩いているひとはいないだろうけれど、
これが正規品を見分ける大きなポイントです。

ブラックライトをあてると光る日本代表のエンブレム

ブラックライトをあてると日本代表のエンブレムがうかびます。

応援したいチームのニセモノユニフォームを着るなんて後ろめたい行為はもうやめよう。
正規品を着て、堂々と日本代表を応援したいものだよね。

ちょっと細かく説明したんだけれど、見分ける自信がないよ!というひとは、
オリジナルプリント.jpのようなユニフォームの正規品を取り扱っているお店で買うことをおすすめいたします!