トートバッグSで色の再現性を検証

(撮影許可をいただいたものを撮影サンプルとしてご紹介しています)
こんにちは、オリジナルプリントのpuriです。

同じお客様が、同じバッグに違うデザインした作例をご紹介します。
いろいろな色彩を使っているので、色による再現性の違いを参考にしていただけたら、と思います。

オリジナルバッグを作成する

まずは明るく鮮やかな色をたくさん使ったイラストです。
デザインツール画面でみるとこんな感じ↓↓

カラフルトートバッグのデザインツール画面

カラフルトートバッグのデザインツール画面

加工方法はインクジェットプリントで、専用の染料インクを使用してバッグに直接プリンする方法です。するとこんな感じの仕上がり。
ピンクや明るめのオレンジの色がやや沈みます。

インクジェットプリントとは

カラフルイラストのトートバッグS

カラフルイラストのトートバッグS

もうひとつ、同じくトートバッグSに、空を舞う鳥たちを描いたイラスト。ピンクからブルーのグラデーションになっています。

 

鳥のイラストトートのデザインツール画面

鳥のイラストトートのデザインツール画面

仕上がりはこんな感じ↓↓

空に舞う鳥たちを描いたトートバッグS

空に舞う鳥たちを描いたトートバッグS

グラデーション部分はキレイに表現されていますが、色合いはやや落ち着いた感じに仕上がります。

このようなプリントの仕上がり具合は、生地によっても違います。
下記のリンク、加工方法の説明部分に 生地や加工方法によるプリント例が載っていますので参考にしてください。
加工方法について

ちなみにこの作例アイテムはトートバッグS。
このナチュラルカラー以外のカラーバリエーションもあります。

トートバッグSにデザインしてみる

DATA
*税込1,350円(アイテム代250円、プリント代1100円):バッグ1ケあたりの価格です。
*男性、愛知県在住