デザインツール機能改修~プレビューの簡素化、マイピクチャの実寸化~

こんにちは、オリジナルプリントのビーです。昨日の台風なみの強風で東京の交通機関は大混乱でした。

デザインツールについて様々なご要望を頂いておりまして、意見が多く、重要度の高いものについて改修を行いました。改修内容は下記の通りになります。

1.「確認ページへ進む」押下後の数量入力ページのレイアウト変更&ポップアップ表示

シミュレーション結果からブラウザバックなどでデザインツールに戻ると、せっかく作ったデザインが消える場合がある、デザインの詳細が小さくて見えないというご意見を頂き、画面遷移の方式をポップアップに変更し、シミュレーション画面中でデザイン詳細が閲覧できるよう(図中※1)にしました。

GILDAN ヘビーウェイトTシャツ背面のデザイン詳細

GILDAN ヘビーウェイトTシャツ背面のデザイン詳細

Tシャツのプリント注文はこちらから

2.マイピクチャ画像の配置時に原寸での設置

原寸大で画像をアップロードしてもデザインツールでみると縮小されてしまうため、毎回画像の大きさを変更する必要があった点を解消しました。過去の仕様では、どの大きさの画像をアップロードしてもデザインエリアに対して半分程度の大きさにサイズ変換して配置していました。今回の改修で、アップロード画像がデザインエリアと比して、20%~120%の範囲に収まるサイズであれば、原寸大で配置されます。閾値(20%、120%)を超えたサイズであれば、それぞれデザインエリアの20%、120%に補正されます。

トートバッグに原寸大のファイルをアップロードした際の図

トートバッグに原寸大のファイルをアップロードした際の図

画面では、トートバッグに1575 × 975pixの画像をアップロードして、200×120mmの枠にぴったり収まっています。

トートバッグのプリント注文はこちらから
3.その他細かい文言や見た目の調整を行いました。

  • 価格表示をポップ画面への集約
  • イラスト・テキストの選択動作を改善
  • ヘルプ文言の調整
  • アルバムの見た目変更

今回の改修で皆様にデザインしやすくなったと思っていただければ幸いです。