デザインツールを改修しました

いつもオリジナルプリント.jpをご利用いただきありがとうございます。

この度デザインツールの改修を行いました。アンケートやカスタマーサポートに寄せられた意見を元に、シンプルでより使いやすくを目標に厳選した機能追加になります。

1.パーツの操作ボタンの非表示
2.パーツの四角形の外にアイコンを配置
3.パーツの縦、横位置が同じ高さになる場合は、ルーラーを表示
4.画像アップロードができる場合、加工範囲のピクセル数を表記
5.ai、psd、eps、pdfファイルがアップロードできるようになりました
6.目盛り線の表示有無オプション
7.テキストの大きさ数値入力

以下それぞれどのような変更か説明します。

 

1.パーツの操作ボタンの非表示

パーツをマウス操作している際にも四隅にある操作ボタンが邪魔で細かい調整ができなかったのを、マウス操作している際は見えなくするようにしました。

マウス操作時には、パーツ操作ボタンが消えて見やすくなりました。

マウス操作時には、パーツ操作ボタンが消えて見やすくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

2.パーツの四角形の外にアイコンを配置

パーツの四隅にあった操作ボタンを外側に配置したことで、縮小した際でも操作がやり易くなりました。従来では小さくするとボタンが重なって操作できないことがあり、その改修になります。

以前は操作部分が重なって操作できなかったのが、外側に配置したことで触れるようになりました

以前は操作部分が重なって操作できなかったのが、外側に配置したことで触れるようになりました

 

 

 

 

 

 

 

3.パーツの縦、横位置が同じ高さになる場合は、ルーラーを表示。

パーツどうしがぶつかる場合にルーラを表示して並べやすくなりました。ルーラは、パーツの中心や各辺とぶつかる際に表示されます。

縦横で、パーツが重なるときは橙色のルーラが出現。カーソルキーでも操作ができます。

縦横で、パーツが重なるときは橙色のルーラが出現。カーソルキーでも操作ができます。

 

 

 

 

 

 

 

4.画像アップロードができる場合、加工範囲のピクセル数を表記する。

加工する際に最適な画像サイズがどれくらいかよくご意見いただいたため、キャンバス上にギリギリいっぱい配置するときに最適な画像サイズ(ピクセル数)を表示するようにしました。イラレ等で作成したものをそのまま張り付けたいような場合は便利です。

キャンバスいっぱいに画像を配置したいときは、ここのピクセルサイズの画像をご用意ください。

キャンバスいっぱいに画像を配置したいときは、ここのピクセルサイズの画像をご用意ください。

 

 

 

 

 

 

 

5.ai、psd、eps、pdfファイルがアップロードできるようになりました。

今までPNG、JPGのみのアップロードでしたが、大幅にアップロードできるファイル種類を増やしました。但し注意点があります。イラレ(ai)等で作成されたファイルはCMYK形式で保存されている場合が多いですが、デザインツールでアップロードすると、RGB変換されてしまうため、色の差異にはご注意ください。

 

6.目盛り線の表示有無オプション

目盛りのOn/Off機能は、パーツをきれいに並べたい際にご利用ください。若干見づらくなることもあるのでOn/Offを使い分けていただければよろしいかと思います。

①のチェックを入れると、キャンバス(②)にグリッドが出現。

①のチェックを入れると、キャンバス(②)にグリッドが出現。

 

 

 

 

 

 

 

7.テキストの大きさ数値入力

テキストサイズの変更が、数値単位でできるようになりました。今までマウスでしかできなかったテキストの拡大縮小も数値であれば目分量でなくコントロールできます。ご注意点として、フォント(書体)の種類によって文字の大きさがどうしても違うので、フォントを跨いだ場合は大きさが異なる場合もあるためご注意ください。

文字サイズが変更数値で入力できます

文字サイズが変更数値で入力できます

 

 

 

 

 

 

 

今後もより使いやすく改修していきたいと思いますので、皆様のご意見ご要望をお待ちしております。