シルクスクリーンプリントできる画像

いつもオリジナルプリントをご利用いただきありがとうございます。オリジナルプリントのエスマです。

画像やイラストを「シルクスクリーン」でプリントしたい場合、
どのようなデータを用意すればいいのか、よく分からない…
というお問合せをいただきますので、こちらでご紹介いたします。

画像を使ってシルクスクリーンプリント注文するには?

まずファイル形式ですが、最終的に「透過PNG形式(デザインの背景や周囲が背景が透明になっている状態)」の画像をご用意ください。

シルクスクリーンプリントは主に少ない色数で大量生産に向いた加工方法で、
ノベルティグッズやOEM商品、ユニフォームなどの用途に向いています。
「シルクスクリーンプリント」についてはこちらで詳しくご紹介しております。

【デザインの制約と注意点】
・デザインの背景や周囲がただ白いだけの画像(白であり透明ではない)はプリントできません。全て塗りつぶされてしまいます。
・イラストや写真などのフルカラーのデータはプリントできません。(下の表を参照)
・グラデーションやボカシの入ったデザインは、そのままではプリントできません。デザインを白黒にした上で特殊な画像処理が必要です。(下の表を参照)
・線の細すぎるとカスレや印刷されないなどの原因になりますので1mm以上を推奨いたします。

用意した画像 アップロードした状態 プリントの可否
カラー写真画像の状態
・フルカラー
・デジカメ写真
・背景は不透明
デザインツールにアップロードした画像アップロード結果
・デフォルトのプリントカラーで全体が塗りつぶされてしまいます。
NGデジカメで撮影した写真はシルクスクリーンプリントには向きません。ホワイトインクジェットプリント」や「フルカラーカッティングプリント」をご利用ください。
イラスト画像の状態
・フルカラー
・CG、イラスト作品
・背景は不透明
デザインツールにアップロードした画像アップロード結果
・デフォルトのプリントカラーで全体が塗りつぶされてしまいます。
NGフルカラーのイラストやCG作品は、シルクスクリーンプリントには向きません。ホワイトインクジェットプリント」や「フルカラーカッティングプリント」をご利用ください。
白黒写真画像の状態
・1色(黒のみ)
・デジタル写真
・背景は不透明
デザインツールにアップロードした画像アップロード結果
・デフォルトのプリントカラーで全体が塗りつぶされてしまいます。
NG「シルク1色プリントで注文したいからモノクロにした」というのは間違いではありませんが、背景が不透明である事と、シルクスクリーンプリントでは黒→白というようにグラデーションの表現ができないため、デザイン全体が、「黒か透明かのどちらかで描画されている」特殊な状態に画像処理が必要になります。
透過PNG画像画像の状態
・1色(黒のみ)
・背景は透明
・完全に黒か透明に分かれている
デザインツールにアップロードした画像アップロード結果
・画像の通りに再現されます。
・デザインツール上でプリントカラーを変更できます。
Good問題は無く、ほぼイメージ通りの仕上がりとなります。
透過PNG画像画像の状態
・フルカラーのイラスト
・デザインの周りは透明になっている
デザインツールにアップロードした画像アップロード結果
・デザインの輪郭の中が塗りつぶされた状態になります。
もう少しフルカラーのイラストやCG作品は、シルクスクリーンプリントには向きません。ホワイトインクジェットプリント」や「フルカラーカッティングプリント」をご利用ください。1色だけにした上で、下のデザインのように「線画だけにする・中マドにする」と、シルクスクリーンプリントに適した画像になります。
透過PNG画像画像の状態
・1色(黒のみ)
・背景は透明
・完全に黒か透明に分かれている
デザインツールにアップロードした画像アップロード結果
・画像の通りに再現されます。
・デザインツール上でプリントカラーを変更できます。
Good問題は無く、ほぼイメージ通りの仕上がりとなります。

Adobe® Photoshop®などの画像レタッチソフトを使用して、写真からシルクスクリーンプリント用のデータを作成する例をご紹介します。

シルクスクリーン用の画像を作成する写真をシルクスクリーンプリントする場合、以下の3つの壁を越える必要がでてきます。

版ごとに1色にする」「色が付く部分以外は透明にする」「グラデーションは使えない

・・・困りました。

デジカメ写真などは、この条件の対極にあるような存在です。

「やっぱりフルカラーでプリントしたい!」というお客様にはホワイトインクジェットプリントフルカラーカッティングプリントでの加工がお勧めですが、上の拡大画像のように写真を加工できれば素敵なデザインをプリントする事もできます!

ではPhotoshop®を例に、具体的な画像加工の流れを説明いたします。

元の写真

元の写真はフルカラーの状態ですが、カラーモードを「グレースケール」に変換します。
レイヤーが統合されている画像の場合は統合された状態を解除します。(レイヤーの「背景」 → 「レイヤー0」)

グレースケールに変換

カラーから白黒の状態になりましたら、フィルタの「スケッチ」から「ハーフトーンパターン」を選びます。
(「ピクセレート」の「カラーハーフトーン」でも似たような処理は可能です。)

「ハーフトーンパターン」はパターンタイプの点のサイズを設定し、コントラストは最大にします。
点の最小サイズを大きくすると荒くなりますが、あまり細かくし過ぎる(原寸で1mm以下)と印刷されない場合がございますのでご注意ください。(人物の集合写真などの場合は、この工程で顔の認識ができなくなる場合がございます)

ハーフトーンパターンを適用

ここまでで、「版ごとに1色にする」「グラデーションは使えない」の2つの条件をクリアできました。

次に「選択範囲」メニューの「色域指定」で選択範囲を作ります。
カーソルのスポイトで「白い部分」をクリックします。「許容量」の値を「0」にして「OK」ボタンをクリックします。
(カラーハーフトーンを適用した場合は、許容量を「30」前後にしてください)

選択範囲が生成されましたので「Delete」キー又は「Back Space」キーを押して白い部分を削除します。

白の部分のみを色域指定で選択して削除
選択範囲を解除して完成です。

これでシルクスクリーンプリントできる条件が整いました。最後に「透過PNG」の状態で保存して終了です。

早速シルクスクリーンでTシャツをプリントする